野望

f:id:te92karu:20181218171902j:plain

高砂 (株)匠工芸

テクニカル・ワーク(主にT君)の野望実現に向け、
匠工芸(http://takumikougei6.co.jp/)折井社長に
お知恵をお借りしに高砂市に行ってきました。

強力な助っ人GETです!

とりあえずT君には正月休みの間にする、
楽しい宿題ができたということでめでたしかな^-^

※匠工芸、折井さんが12月24日24:35~出演されます!
私でも知っている野生爆弾くっきーさんと共演です!!
ぜひ、見たってやー!


「(自分を)変化させていかないと」と思いました。

「感謝の気持ちをを持って・・・」というのは
簡単なのですが、実際は難しいと思っていました。

 

お土産

最近、色々と無理をお願いしたある会社さまに
お礼を兼ね、慰安旅行のお土産を持って行きました。

f:id:te92karu:20181027133448j:plain
先日お願いしていた加工が出来上がったという連絡を
いただいたので、取りに行った時、
「このあいだの(お土産の)お菓子とってもおいしかったです」
と言っていただきました。
お礼を言われたこちらが逆に
「こんなに嬉しい気持ちにさせていただきありがとう」と
お礼を言いくなりました。

製作部品

f:id:te92karu:20181027134242j:plain

個人のお客様からお仕事をいただきました。
(↑の画像はお客様が送ってくれたものです)
お渡しをし、お代を頂いたら、取引上はその仕事は終了です。
しかし、今回お客様からなんと
上の部品を使用している画像まで送っていただき、
社員一同とても感動しました。
普段自分たちが作っているものが
確かにお役に立っているところを見せていただけることって
なかなかないので、みんな興奮してました。
こんな素敵な感謝の表し方ってあるんですね。

下手だろうと・・

自分を含め我社の職人って表現するのが
苦手で下手な人が多いです。
でも、下手だからって表現しなかったらダメなんですね。
今回取引先様やお客様に非常に貴重なことを
学ばせていただきました。
ありがとうございます。

タイミング

f:id:te92karu:20181026171340j:plain

会社の慰安旅行で主に福井県嶺北地方に行ってきました。
写真は永平寺の階段です。凄く味があって良かったです。

“くまさん”登場

f:id:te92karu:20181026174502j:plain

我社の社員さんが永平寺近くの愛宕山へ登ってきたそうです。
素晴らしい見晴しで良かったそうですが、
ハイキングコースにしてはなかなかハードだったそうで。
その下り道にて、ある老夫婦とすれ違おうとした時、
奥様に「わー、山からくまさんが下りてきたのかと思った。」
と話しかけられたそうです。

なぜ笑い合えるの?

「上には愛宕観音様がおられ、見晴らしもいいですよ」などと、
社員さんはその夫婦と会話を楽しんだそうです。
もちろんお互いに笑顔で。
不思議ですよね。
街中で見知らぬ人とすれ違って笑顔で会話なんてしません。
イケメン(?)を捕まえて“くまさん”なんて、
普通失礼ですよね。
なぜこのシチュエーションだと笑顔で会話ができるのでしょうか?

 

心情⇒行動

奥様の話すタイミングが違っていたらどうでしょう?
すれ違った後に「くまさんが下りてきたのかと思った」
だったら、社員さんは笑顔で「いい景色ですよ」と
応えたいたでしょうか?
なぜちょっとしたタイミングの違いで、
その後の反応を変えてしまうのでしょう?

実はタイミングが大事ではなくて、
心の持ち様が違うからタイミングが違うという
結果になったんじゃないでしょうか。
同じような行動をされても、
人って違った反応をすることが多いんです。
(行動の)受け手になると自然とそんな反応ができるのに、
送り手になるとそんなこと忘れちゃいます。
人間って偉大なのか、劣っているのか、
不思議な存在ですね。
私もできる限り自然に意識しながら、
行動していきたいと思います。

 

130円

f:id:te92karu:20180908150819j:plain

 

私は大のプリン好きです。

写真のプリン、1個130円で売られていたそうです。
もちろん私の口には入りません。
なぜなら予算要求に非常に厳しい財務省が居てくれるからです。
普通1個100円までですよね(^_^;)

年間10000個だそうです。

ところが世の中には(私にとっては)高級なプリンを
買う方がたくさんおられるんですね。
新潟の五泉市というところにある、
小さなスーパーさんでこのプリンが年間1万個も
売れたそうです。
ある考え方の転換をするまでは月に5個しか売れなかったプリンが、
ひと月最高1500個も売れる。
「ほんまかいな?」って感じですよね。

学んで実践。そしてワクワク^-^

昨日は“ワクワク系”セミナーの第1回目でした。(全4回)
セミナー受講対象業種は小売業、サービス業、建設業などの方。
もちろん我社は金属加工サービス業なんでOKです!
サプライズゲストとして上記スーパーの店長が来て下さり、
色々お話しを伺うことができました。
業種は違えど商売の基本は同じ。
そのスーパーさんのように「以前と比べ
年間労働時間が2/3になっても利益は過去最高」
そんなワクワクする世界を目指し、
いっぱい考えていきます。

どうして笑顔になるのかな^-^

f:id:te92karu:20180901180443j:plain

今度、慰安旅行に行くことになりました。
我社はできれば社員さんのご家族の方にも
ご参加いただけるようお願いしています。

先日の朝礼で、
「自分がこれから(仕事で)一番大事に付き合いを考えて
いきたい方をひとり、頭に思い描いてください。」
「そのお客様に自費でお土産を買うとしたら何を買いますか?」

もちろん皆スマホで検索しながら選んでくれました。
その選んでいる時の顔が素晴らしい。
ニヤニヤ、ニコニコ、みんな笑顔なんですね。

でも、考えたら不思議ですよね。
仕事のお付き合いですから、当然お土産選んで
買うのも仕事の一環。
しかも自費で買うんですよ。
普通笑顔になんてならないですよね。
なんで笑顔になっちゃうんでしょうね?
それが分かると普段の仕事も楽しくできるかもしれませんね。

(自費でお土産を買うというのはもちろん仮定の話です。)

質問のされ方が変わると起こる変化について

f:id:te92karu:20180829181809j:plain

“私は家族とのどかな温泉のある山荘に旅行に来ています。

あいにく天候が悪く、昨夜からかなりの雨量となっていますが、
今回の旅行の目的は「家族で温泉に入り、のんびりすること」
だったので、私も家族も満足しています。

2日目の夜半、私はなんとなく異様な臭いがするような気がし
目覚めました。隣では家族が心地よく眠っています。

すごい雨が降っている音がする中、なんとなく木が裂けるような
音がしているような気がします。

私はそれら(臭い・音)が土砂崩れの前兆であるかもしれないと
いうことを知っています。

さて、私は気持ちよく寝ている家族を起こし、
避難しようとするだろうか?”

 

上記、質問を社内でしたところ半数が
「起こさない(避難しない)」でした。
「なぜ避難しないのか?」に対しては「勘違いかもしれない」や
「避難した場合、土砂崩れでなかった時、家族や他の人に迷惑を
かける」でした。

 

 

“私はある新しい交通システムに乗る予定です。

その交通システムに乗らなければ、そのシステムの不具合による私の死亡率は0%です。
そのシステムに乗った場合、30%の確率で不具合が発生し、その不具合により10%の確率で私は死亡します。
私はその交通システムに乗るだろうか?”

このような質問になるとみんな「乗らない」という選択になりました。

不具合発生確率が10%、そして不具合による死亡率が2%でも「乗らない」でした。

1つ目と2つ目の質問の回答が異なる原因はどこにあるのだろうか?
仕事においても
「私が感じたその“違和感”を放置した場合、20%の確率で
クレームになる」と知っていたら、私は放置しておくだろうか?
その放置した“違和感”は、はたしてどれくらいの確率でクレームになるのかが問題なのだろうか?5%だと放置しておいてもOKなのだろうか?
クレームになる可能性があることを知りつつ、
「なぜ私は“違和感”を放置してしまうのだろう?」
私はつい放置してしまうことがよくあ。

どうしてそうしてしまうのか、じっくり考えてみます。