肩の力

何事もきっちり型にはめて、
「これはこうしなければならない」、
そんな決めつけ事が多い私。
でも、そんな決まった通りに動くことなど
ほとんどないし、できない。

肩に力が入りすぎると動けなくなるし、
結果は出ない。
「これはこう」って決めつけちゃうと、
ちょっとでも違うことが起きると、
フリーズしてしまう。


そんな人生を歩んでいた私が
「自分って肩に力が入りすぎてるんだな」って
思わせてくれたのが・・嫁さん。
(この存在は本当にすごい!)

「こんな自分でも父親になっていいんだ」って
思わせてくれたのが・・

f:id:te92karu:20200217182351j:plain

もう“出産”とは関係ない年代になったけど、
引越の時の整理でも夫婦で残しておくほうに選択した本。
たまに読み返してみると気づかされる。
やっぱりまだまだ肩に力が入っている。

堅苦しい私の頭を柔らかく。
(こんなこと思っている時点で固いかも)

まついなつきさんのご冥福を祈ります。

巡り合わせって不思議

持続化補助金の採択に向け、経営計画を作っていこうと思っています。
“やりたいこと”はホームページの改善。
今のホームページは私のせいで固い固い><
今度は皆に手伝ってもらいながら、
もっとおもしろいものにしてみたい。
お客様に役立つものにしてみたい。

で、動き出そうとしていたところ、
ある方の紹介で映像制作などを手掛ける方と
巡り合わせていただきました。

f:id:te92karu:20200212181943p:plain

 

もうほんと楽しみ!
ホームページより先に映像が出来上がります。
当然公開する予定です。
お楽しみに!

 

チームで働く人間にとって・・

以前開催させてもらった「折り紙ワークショップ」の話を
する機会が、最近ままあったので少しまとめです。

ちなみに私がお話しした「折り紙ワーク」は
CCPM 折り紙ワークショップ」で検索してください。
様々な“気づき”がある、生産性向上に寄与する
おもしろい”(ここ重要!)ワークショップです。

 

どんなワークか簡単に説明すると、
参加者全員で規定数量の折り紙を規定時間で
折り上げるというワークです。
折るのに必要な参加者の予想時間は大体30分~1時間です。
それを15分での完成を目指します。

 

ここでは折り紙ワークでは特には語られない内容を書きます。
参加者にはもちろん折り紙を折るのが得意な人も居れば、
私のように手先が不器用な人も居ます。
そして参加者全員が同じ会社(折り紙製作所)の社員だと仮定します。

そこで想像して欲しいのですが、
私のような人間は会社にとってどんな存在なのでしょうか?
私のような人間は会社でどのような活躍をするでしょうか?

このワークにおいて素晴らしい活躍をした人がいます。
彼は私以上に“折ること”が苦手でした。
普段なら彼は自分の存在価値を見出せず、落ち込んでいたでしょう。
また、チームの他の人は彼の分まで製作しなければならず、
苦々しく思ったかもしれません。
でも、彼は“折ること”以外でチームに貢献し、
結果としてチームを成功へと導きました。

なぜ彼は“折ること”以外での活躍の場を見いだせたのでしょう?
それは今回のワークの会場には“これ”があったからです。
これがあるかないかによって人のパフォーマンスは変化します。
これは様々な会社で有益な結果をもたらします。

これがあるようになるかどうかは、
このワークにおいては講師が重要な役割を果たします。
これを会社にもたらすことができるかどうかは
トップに大きな責任があります。

さて、“これ”って何でしょうね?

今年の目標

早いもので今年ももう40日が過ぎました。

そして年頭に立てた目標をそろそろ
“忘れる(気にしなくなる)”時期ですね。

私は大の医者嫌いなんです(;'∀')
できればお医者様に行きたくない。
多少(?)我慢してればいいのなら行きたくない!
そして嫁さんに引きずられて連れていかれる。
そんなことを繰り返すダメな人間です。

 今年の目標は「健康に気を使うこと」

社員さんを含め皆の前で言っちゃったから仕方ない。
まずは半年放置してた歯茎の腫れと
1年以上放置してた歯のかぶせが取れたのを
見てもらいに行きました。
(ああ~、○○さんに怒られそう><)
良い歯医者様でさっぱりしました^-^

インフルエンザに新型肺炎、怖い病の話が連日報道されてます。
気をつけねば。

夢の中へ

2~3年ぶりに加工依頼いただく部品があります。
大抵の場合、「ああ、これ加工したな~」ってな感じで
覚えているのですが、「この部分どうしたっけ?」などの、
加工方法や工程を忘れていることは多いんです。

f:id:te92karu:20200206182205p:plain

でも、これってもったいない。

思い出そうとしても思い出せない。
(以前の書類などを)探し出そうとしても出てこない。
新たに考えようとしても以前のことが気になり、集中できない。
そうして気づいてみれば、こんなことに大量の時間を使っている

なので、「面倒でもスッと探し出せるように
残していこう」と現在奮闘中です。

わすれものはなんですか?
見つけにくいものですか?
夢の中へ逃げたいけど、もう少し!

 

ワクワク

人って本来、新しいことに“ワクワク”するんじゃないかな。

新しいことってうまくいくかどうか分からない。
想像してたのと全然違う結果が出る可能性もある。

昔、因数分解にワクワクした。
初めてみる因数分解の問題が大好きで、
時間を忘れて熱中した。
結局解けなくてこともあったけど、楽しかった。
でも、反復になった途端、興味がなくなった。

最近、仕事で新しいものに出会わせてもらっている。

f:id:te92karu:20200205175211j:plain

(金属加工の会社だけど、エポキシ樹脂がきた^-^)

ワクワクがなくなる要素を出来る限り排除し、
楽しんでいけたら、見える世界は変わるのかな。

でも、納期があるしな~・・・



安い人

昨日は金属加工の新たなビジネスモデルのパイオニア
京都のHILLTOP株式会社 代表取締役の山本様のお話しを聞いてきました。

f:id:te92karu:20200204170636j:plain (HILLTOP様、本社)

あ、京都に行って聞いたのではなく、岡山でですけどね。


昔(?)流行った「稼ぐ人・安い人・余る人」

f:id:te92karu:20200204171254j:plain

この“安い人”を徹底的に排除し、
(リストラするってことじゃないですよ)
いかに“稼ぐ人”になってもらうかということを
追及しまくっておられます。

そして、“安い人”の定義を今一度根本から考え直す。
「その仕事は本当に“稼ぐ”仕事なのかどうか」と。

我社では「そのまま(?)真似する」なんてことできませんし、
しようとも思っていません。
ただ、考え方として同じ部分に関することは
アレンジしながら取り入れていきたく思います。

これからは“価値”を見つめていく時代です。
楽しみですね!